クレンジングでウェットな素肌に|乾燥肌には潤いチャージ

女の人

潤いを守るメイク落とし

鏡を見る女性

肌に優しく負担をかけない

スキンケアの中でも、一番肌に負担がかかってしまうのがクレンジングや洗顔などのメイクや汚れを落とすケアです。刺激に弱くバリア機能が低下している乾燥肌は、普通肌の方が大丈夫なクレンジング剤でも、刺激になってしまう場合があります。潤いを守りながらメイクのみを落としてくれるタイプが最適で、バリア機能を極力損なわない低刺激なものを使いましょう。タイプとしては、ミルクタイプやクリームタイプなど、合成界面活性剤が少ないものが向いています。適度な洗浄力で皮脂の取り過ぎを防いでくれて、水分が多くテクスチャーも滑らかですから、指のすべりがよく肌へのダメージを大幅に減らせます。クレンジング後の肌の突っ張り感もなく使用できますから、ダメージに弱い乾燥肌でも使いやすいです。

使い方に工夫する

週末に外出したり、ここぞという大切な時には、乾燥肌の方でもしっかりめのメイクをすることでしょう。そのような時に洗浄力の弱いクレンジング剤でメイクを落とそうとすると、なかなか落ちてくれませんからこする回数がどうしても増えてしまいます。摩擦は乾燥肌にとっては致命的なダメージとなり、余計に乾燥しやすい肌になってしまいます。普段のクレンジングは肌への優しさを考えるのが一番ですが、がっつりメイクした時には洗浄力の強いクレンジング剤を使うことで、肌への負担が減らせます。その時のメイクや肌の状態によって、クレンジング剤を使い分けるというのが大切です。また、基本はセパレートクレンジングですから、どんな時でもポイントメイクは専用のものでしっかりと落とした後、クレンジングしましょう。

肌のバリア機能

女性であれば、メイクをしてお出かけする人も多いでしょう。肌に負担をかけない為にも、帰宅したらなるべく早くクレンジングをして落とすようにします。クレンジングをした後は肌が乾燥しやすい状態になっているので、化粧水や乳液で整えるようにしましょう。肌が人より弱いと感じているのであれば、合成界面活性剤を含まないクレンジング剤を選ぶと良いです。ある程度の皮脂を守りながらメイクや汚れを落とすので、肌のバリア機能は守られたままだと言えるでしょう。

自分に合わせたケアをする

スキンケア

毛穴の悩みの原因は同じではないので自分に合ったケアが必要です。詰まりや黒ずみには毛穴を開き角栓や汚れを落とし切るが大事です。その後保湿をします。保湿は毛穴の開きにも効果的です。汚れ落としは肌に負担の少ない方法が良いです。たるみには更に潤いが必要です。加齢で失われた成分も補える美容液が有効です。

口コミを利用してみること

石鹸

洗顔石鹸を選ぶ際には、ネットの口コミを利用してみるのがおすすめです。自分のもつ様々な条件と、口コミを照らし合わせながら、ちょうど良い石鹸を選ぶと良いでしょう。透明度が高い石鹸や、固形タイプではない洗顔石鹸は、天然の保湿成分が豊富に含まれているのでおすすめです。

膝の黒ずみを解消するには

泡

ジャムウソープは肌の黒ずみの解消や、体臭の消臭効果が期待できる石鹸である。肌に優しい天然由来成分が主成分であるため、デリケートゾーンの消臭対策としても使用できる。ジャムウソープは口コミサイトのランキングでも高く評価されており、大勢の人が愛用している。